NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

テープ起こしアプリ「interviewScribe」を作ったヒトに全力で握手しに行きたい!

スポンサーリンク

ICレコーダー photo credit: Zoom H5 via photopin (license)テープ起こし」って何のことだか分かりますか?? Wikipediaによると、 「テープ起こし(テープおこし)とは、講演・会議・座談などで録音された人の言葉を聴き取り、その内容を文章に直す作業である」 とのこと。 有償で請け負う仕事は、代表的な在宅ワークの1つでもありますね。 普通のヒトは「テープ起こし」をする機会なんてほとんど無いと思いますが、たまたま仕事でテープ起こしをしなければならなくなり、悶絶級にめんど…大変だったので、Facebookでオススメのアプリを教えてもらったら、コレが大当たり! そのアプリの名前は「interviewScribe」!あ、Mac用です。 操作画面はこんな感じ↓ アプリ画面 音声ファイルを開くだけで、音声レベル(画面上部の波長)と話している内容をフレーズ単位でテキストに変換して表示して(左のモザイクかかっているところ)、変換したフレーズ単位で内容を編集したり(右のベージュ背景のところ)、変換出来なかった音声などを再生位置の設定、再生速度/音質の調整で再確認したりできます。 対応している音声ファイルは、aif/mp3/mp4/m4v/m4a/aifc/aiff/wav/caf だいたい主要なファイル形式には対応している感じ。 Macで直接マイクから音声を入れて、その場でテキストに変換することも可能なので、リアルタイムに録音しつつ書き起こすことができるみたい。 英語にも対応しているので、英語学習にも応用できそうです♪ ちなみに、今回読み込んだファイルは、フレーズ単位に区切られていたものの、テキスト変換が全くできていなかったので、最初から全部手動で書き起こしました(涙目) でも、再生速度の調整もできるし、ショートカットキーで一時停止や巻き戻しができるので、普通にテープ起こしをするより遥かに効率的でした! 有料版は1000円(本日時点)だけど、テープ起こしを頻繁に行なうヒトは、絶対にソンしないと思いますよ!
interviewScribe
interviewScribe (1,000円)
(2015.02.03時点)
posted with ポチレバ
ではまた!語尾がハッキリしないヒト、書き起こす時に本気でイライラするぜ☆と痛感した踊るOL(@jaggyboss)でしたw