NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

1/11セミナーまとめ~②本田直之さん

スポンサーリンク

さて、続いてはレバレッジシリーズでお馴染み、本田直之さん。

昨年末、コクーンホールで開催された講演に行けなかったので、リベンジ☆みたいな気持ち(笑)

本田さんの講演は、スライドが美しかったです!
でも、切り替えが早すぎて、メモを取りきれず…orz

昨日の田口先生のまとめより、だいぶ短くなってますが…どうぞ!

本日のテーマは2つ。

1.ライフスタイルクリエイション

*世間で「ワークライフバランス」が叫ばれて久しいですが、中にはワーク(=仕事)だけでなく、
  ライフ(=プライベート)も効率化を考え、カリカリしてしまっている人が多い。
  仕事と同じようにプライベートを考えるのは、ナンセンス。

*ビジネス:レババレッジ仕事術にもあるように、自らに負荷をかけることで、
      どうやったら実現できるか効率を考える。
 プライベート:負荷をかける→ストレス高くなる=カリカリライフ

*プライベートに「ロジック」を持ち込むと、グレーの部分がなく白黒ハッキリ分けることになる。
 そうすることにより、周囲と摩擦が起きて疲れる。
 ⇒プライベートは効率ではなく「ゆるい生き方」を目指す。

⇒上記をまとめると、縦軸にビジネス⇔プライベート、横軸にゆるさ⇔効率のマトリクスにおいて、
 ビジネス×効率&プライベート×ゆるさ を目指す。


2.パーソナルインフラを鍛える

パーソナルインフラを阻害する3つの負債

①3つの思考負債
  1)外部要因思考:外に責任を求めても一歩も進まない。変えられない。
     ⇔内部要因思考を目指す=与えられたモノ・環境の中でどうするか?
                 自分はどうするのか?できることは何か?
  2)言い訳思考 例)時間が無い/お金が無い
     ⇔工夫行動
  3)思考閾値の低さ:限界点は自分で決めている。「いっぱいいっぱい」は自分が決めている
   だけで、オバマ大統領よりは時間があるはず。「できない」という発言で損をする。

②自分負債:素直さが無い/セルフマネジメントの仕組みが無い
  ⇒本田さんは、セルフマネジメントの仕組みの1つとして、記録=レコーディングをしている
   とのこと(体重・睡眠など)

③身体負債:身体は全ての土台
  ⇒インナーマッスル/持久力/下半身/メンタルタフネス(折れない心)を鍛える
    そのために、トライアスロンやその上級板の「アイアンマン」にチャレンジするそうです。

*本田さんの2009年のテーマは「3つのRe」(reuse,reduce,rebuild)
  そして、2010年のテーマは「変化に対するインフラ作り」(10~20年先を見据える)

-------------------------
本田さんの講演を聴いていて感じたのは、とにかくご自身が「ストレスフリー」であること。
軽妙なトークで会場の笑いを取っている姿を見て、「自分もあんな風にノビノビ生きたいなぁ」と思ったのは私だけではないはず。

上記③は改善に時間がかかりそうですが、①と②は自分の意識次第で変えられること。
私も少しずつパーソナルインフラを鍛えていきたいと思います!!!

本田直之さんの経営されている会社:レバレッジコンサルティング





本田直之さん著「パーソナル・マーケティング」の書評はコチラ
 ⇒踊るOL。「【オススメ本】パーソナル・マーケティング/本田直之」