NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

【小ネタ】気分が落ち込んだ時の処方箋2つ。

スポンサーリンク



こんばんは、歩きすぎて足の裏の皮がズルっとむけた踊るOLです。

最近FBで友達に向けて「ストレス解消法」について尋ねてみました。
「踊る」「友達と会う」「カラオケ」「飲みに行く」「寝る」「泣ける映画を見て泣く」
などなど、たくさん教えてもらいました。

今日はワタシの気分が落ち込んだ時の処方箋をご紹介。

先日、友人と話していて、「へー!」って言われたんだけど、そんなにムズカシイことではありません(笑)


<処方箋1:ひたすら歩く>

ワタシはストレスが溜まっているか否かについては、あまり考えないようにしています。
多かれ少なかれ、フツーに生きていれば、ストレスってかかるモノだと思っているから。
(そのストレスが良い影響を与えるのか、悪い影響を及ぼすのか、という点はチェックしてます)

でも、定期的にどーしても気分が落ち込むことがあるんですね。
単に気分屋なだけなのかもしれないけど。

で、そんな時は友達と会っても何してもダメ。
だからワタシはひたすら「自分と向き合う時間」を作ってます。

こーゆー時間を意識的に持っているヒトって多いかもしれませんが、みんなどこで向き合ってるんだろう?と思って、数人の友達に聴いてみたところ、
 *自宅のベッドの上
 *お気に入りのカフェ
 *近場のホテル
 *温泉
など、いろんな意見がありました。

ワタシの場合、1ヶ所に留まって考えるのが苦手ということもあり、「ひたすら歩く」という方法をとっています。

短い時は30分、長い時は1~2時間(これまでの最長は4.5時間^^;)
誰とも目を合わさず、話すこともせず、SNSからも離れて、できれば携帯の電源もオフ。

歩いているうちの、徐々に気分がアガってきたり、モヤモヤ・ぐるぐるしてるコトがバカらしくなったりして、復活します。


<処方箋2:とっとと寝る>

深夜に落ち込んだ気分になる時はコレ。
普段なら眠い目をこすりつつブログを書かなきゃなーって時も、とりあえず無理!と寝ちゃいます。
(なので、ここしばらく毎日更新できてなかったんですねー・・単純)

睡眠の質が気分を左右するのってホントだなぁ、と最近しみじみ感じます。
昔怒りっぽかったのって、たぶん睡眠が常時3h未満だったからなんじゃないかしら(←言い訳w)。

なかなか睡眠時間の確保ができていないけど、もうちょっとココをカイゼンすれば、気分が落ち込んじゃうスパンも長くなるのかなーなんて思っています。



ではまた!