NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

【読書】お風呂で本を読むなら、Kindle Paperwhite+Ziplocの組み合わせが最強だった!

スポンサーリンク

Kindle 3
Kindle 3 / kodomut


こんばんは、3度のゴハンと本がスキな踊るOLです。

今日は最近ハマってる「お風呂読書」について。

以前から興味はあったものの、「本が濡れちゃう…」と躊躇していたお風呂読書。
「本は汚して読んでこそ身につく」などと言われますが、出版関係の仕事をしていた父親の影響の元、小さい頃から「本は大事に扱いなさい」と叩きこまれてきたワタクシ。

三つ子の魂百まで、とはよく言ったモノで、どうしてもお風呂に持ち込むことができないでいました(雑誌はやったことあるけど、やっぱり抵抗がありました…)


でもね、湯船に浸かってるのって、だいぶヒマじゃないですか。
DVDやTVを視たりもしていたけど、なんかしっくりこなくて。

で、先日、頼んだことをすっかり忘れていた Kindle Paperwhite が届きまして、
「あれ?コレってもしや、Ziploc(小)にピッタリじゃない??」
と入れてみたら、あらステキ!

こんな感じで、ほとんど隙間なくジャストフィット☆



実際にお風呂で読んでみると、多少水滴や曇ったりするのが気になるものの、許容範囲内!
コレなら本を濡らす心配もないし、好きな本を何冊も持ち込めるし、最高&最強の組み合わせ!


職場が近くなって、通勤中の読書時間が減ってしまったのが悩みだったので、コレでまたたくさん読めます♪(出版社の皆さま、もっとKindleでも本を出してくださーい!)


もちろん、紙の本には紙の本の良さがありますし、これからもきっと読み続けます。
あくまで今回は「お風呂で読書する際」のオススメということでご理解くださいませ。

いやはや、素晴らしいガジェットは、やはりココロオドリますね☆


ではまた!