NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

アナタはやってる?日本語URLをシェアするときは「一手間」かけよう。

スポンサーリンク

日本語URLシェア

今日はちょっと軽めのネタを。

みなさん、日本語URLって見たことありますか??

 

こーゆーやつです↓

日本語URL01

 

何のURLかひと目で分かって便利ですよね。

でも、このURLをシェアしようとすると…… こうなります↓

日本語URL02

 

コレ、見づらくないですか? PCならともかく、スマホで見るとこんな感じ↓ 日本語URL03

うわー、見づらい……スマホの画面がURLで埋まってる……!  

 

URL短縮サービスを使う

一番簡単な解決方法がコレ。

いろんなサービスがありますが、オススメは「Google url shortener」です。

 

ただ、このサービスは終了が決まっているので、代替サービスとして「bitly」をご紹介します。

 

Bitly. The power of the link.

 

英語のサイトですが、ユーザー登録後にサイト右上の「CREATE」をクリック。

短縮したいURLを入力するだけです。

 

 

※bitlyは商用利用の場合、有料となります。個人利用の場合は無料。

 

Amazonなら不要な部分を削除する

Amazonでオススメの本を紹介するだけなのに、わざわざ別のサイトにアクセスするとか面倒」 って思った人、手を挙げてー!

というわけで、めんどくさがりなヒトに朗報ですw

 

AmazonのURLって、いろんなパラメータ(どこ経由の検索か、とか)がくっついて、とにかく長くなりがちなんですよね(冒頭のURL例はパラメータ部分を削ってます)。

 

でも、該当のページにアクセスするのに必要なURL、実はたったコレだけです。

パラメータ付きのURL↓

http://www.amazon.co.jp/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%82%92%E8%BE%9E%E3%82%81%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E9%81%B8%E6%8A%9E-%E5%A5%A5%E7%94%B0-%E6%B5%A9%E7%BE%8E-ebook/dp/B00T75VR7E/ref=pd_sim_351_2?ie=UTF8&dpID=51GLiESeS2L&dpSrc=sims&preST=_AC_UL160_SR109%2C160_&refRID=158HVAE16BDG5VHPEE4H

 

長いですねー。 で、ホントに必要なのはコレだけ。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00T75VR7E/

 

それぞれのURLをコピペすると分かるんですが、どちらも同じページにアクセスできますよね!

 

Amazonドメイン(www.amazon.co.jp)の後の「dp/*****」が固定URLです。

なので、ココ以外は削除しちゃってOK!  

「%」だらけのURLを読むには?

「なんか、やたら%がいっぱいあるけど、変なURLじゃないよね……?」

と不安になったりしませんか?

 

そんなときは、このサイトにアクセス! http://tech-unlimited.com/urlencode.html

 

使い方はカンタン!

エンコード(日本語URL→%いっぱいのURL)かデコード(%いっぱいのURL→日本語URL)を選びます。今回は、デコードを選択。

②真ん中のテキストボックスの左側に、デコードしたURLをコピペ。

③変換ボタンをクリック。

デコード1

たったコレだけです。

 

そうすると、こんな感じで、右側のテキストボックスに、日本語化されたURLが表示されます↓

デコード2  


編集後記 

ほんのちょっとの気遣いですが、ワタシはこの「一手間」が大切だなーと思うんです。

FacebookTwitterのアカウント乗っ取りも増える中、怪しいリンクを送りつけてしまうのは避けたいな、と。

 

ってなわけで、ご参考まで。 ではまた!