NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

新潟発の和風ジェラート「おかじ」@武蔵小金井

スポンサーリンク

和風ジェラートおかじ

2016年に通っていた宣伝会議の「編集・ライター養成講座」。 その中の課題で「○○経済新聞」風の記事を書く、という課題がありまして。

 

すーっかり忘れてたんだけど、ブログでもご紹介しまーす!

以下、提出した記事そのままなので、普段と違う口調なのはご愛嬌、ってことで。

 

 武蔵小金井駅北口に位置する上の原公園横、本町児童館の路地を入った住宅街の一角に「和風ジェラートおかじ東京小金井店」(小金井市本町5-4-29、TEL042-301-8383)がオープンして約1.3ヶ月が経った。

 

店舗面積は6坪、テイクアウト中心だが、店舗横の休憩所でも食べることができる。席数は約15~20(3~4人掛けベンチ×5)。

ショーケース

 

店名の「おかじ」は、新潟本店オーナーの名字。小金井店の山本店長は出身地の新潟から、結婚を機に小金井市に転居してきた際に、暖簾分けしてもらったという。「新潟本店を幼馴染の実家が経営していて、オープンから手伝っていた。嫁いでくる際に、地元の美味しいジェラートを小金井の皆さんにも食べていただきたいと思い、オープンに至った」と店長談。

 

提供するジェラートは、定番が8種(濃厚みるく、かりんとう、村上ほうじ茶、越後の塩麹、発芽玄米、黒蜜 抹茶、黒蜜 黒ごま、黒蜜 きな粉)。1ヶ月毎に変わる氷菓が3~4種(9月=越後姫、ブルーベリー、いちじく、利平梨)。季節によって、武蔵国分寺産の藍苺や山桃、キウイ、とうもろこし、さつま芋、栗などさまざまな種類を用意。いずれも香料・着色料を一切使わず、素材本来の味と香りが楽しめる。

「店頭に並べきれないフレーバーもあるので、気軽に声をかけてほしい」と店長。店頭では試食も可能。

サイズはシングル(350円)、ダブル(450円)、トリプル(550円)。持ち歩き時間が15分以上かかる場合は、テイクアウト用の蓋付きカップアイスも用意されている(350円/保冷剤は別途150円)。

 

贈答用としてボックス入りセットも販売されている(6個=3500円、8個=4500円、12個=5600円、16個=7600円/いずれも税抜)。店頭での販売の他、通販でも購入可能(送料無料/通常お届け日数=1~3日)

営業時間は、火~日曜=11時00分~19時00分(10月~春頃=10時00分~18時00分)。月曜定休。