NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

うどんマニア井上こんさん監修「ふくうどん」がトゥルントゥルンだった!

スポンサーリンク

井上こんさん監修「ふくうどん」

Rettyライター仲間で、うどんマニアのライター 井上こんさん(@koninoue)。

 

初めてお会いしたときに「うどんライター・・・?」と思っていたら、Facebookで見ていると本当にうどんばっかり食べてる!

 

そんな彼女が、念願叶って(?)ついに自らオリジナルのうどんを監修されたそうです!(ワタシもいつか肉をプロデュースしたいぞ!)

 

その名も「ふくうどん」

コレが「ふくうどん」だ!

コレが「ふくうどん」だ!

名前の由来は、こんさんの出身地でもある「福岡」、と「口福」「満福」の3つの「ふく」から取ったもの。

 

実はワタシ、乾麺のうどんを茹でるのは初めて。

こんさんから丁寧に「茹で時間10分とありますが、ほんちゃんは10分30秒になりそうなので、ぜひ10分30秒以上でお試しいただければ」というメッセージをいただき、iPhoneのタイマーで計って、きっちり10分30秒茹でました!

 

茹で上がったうどん

トゥルントゥルン

氷を5〜6個入れて、流水でシメてみたんですが……あれ?

なんか量、多くない……?

 

あれー? と思いつつ、こんさんのメッセージを読み返したら……

1袋(200g2人前)

って書いてあるぅぅぅっ!

 

お、おう……

茹で上がったふくうどん

コレが2人前の量だ!

食感は、ビックリするくらいなめらか! トゥルントゥルン!

パッケージに書いてある「冷やかけ」でいただきましたが、口当たりはツルッと&もっちもちで、噛むとじんわり甘みが広がります。

 

使われているのは、国産の「ニシホナミ」という小麦だそう。
加工デンプンが使われている乾麺も多い中、「ふくうどん」は小麦100%というコダワリ!

 

2人前だったけど、途中で大根おろしとカツオ節を加え、ちょこっとワサビも足してみつつ、あっという間に完食!

普段、あんまり炭水化物を摂らないワタシですが、この口当たりとモチモチ感はクセになりそう!

 

「ふくうどん」は「買えるAbemaTV社」のサイトから購入できます。
ぜひこのトゥルントゥルン&もっちもちを味わってみてください!

www.kaeru-abematv.jp

 

ちなみに、6月からは新橋にある福岡県のアンテナショップ「久留米館」でも購入できるそう。うおお、コレは買いに行かねばっ!

www.f-kurumekan.jp

 

ではまた! さすがに夜は白米を食べられなかった踊るOL。(@jaggyboss)でした!