NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

肩コリに悩むヒト必見!細かい専門知識不要、カラダの不調はリンパを流せ!

スポンサーリンク

Massage photo credit: The Merlin Spa via photopin (license) ワタシは自他ともに認める超肩コリさんなんですが、先日友人宅でピラティスのインストラクターをやっている友人が、「絶対こってる!」とリンパマッサージなるものを施してくれたので、今回はその話を。 ハッキリいって激痛でした。 数年ぶりに「痛み」で涙が出ました。小指をタンスの角にぶつけるとか比じゃない! で、専門的なことは抜きにして、日常的にできることを教えてもらいました。  

左鎖骨下を優しくマッサージ!

カラダの様々な場所にある「リンパ節」 中でも一番大切なのは鎖骨リンパ節とのこと。 特に、左側の鎖骨リンパ節は、全身を流れるリンパ液のほとんどがここで「鎖骨下静脈」と合流して心臓に戻るので、体内のリンパ節のうちでもっとも重要なポイントだそう。 要するに、体中の老廃物が左鎖骨下のリンパ節に集められることになり、とても詰まりやすいということ。 注意点としては、あまり強くグリグリ押しすぎると逆効果という点。 優しくゆっくり押すようにしましょう。  

くすぐったがらず脇のリンパも流す!

自分で押すのに、くすぐったくないでしょ?と思うヒトが羨ましい。 ワタシはとてもくすぐったがりなのですよ… という余談はさておき。 脇の下にも「腋窩リンパ節」という重要なポイントがあるそう。 ココも強く押しすぎるのは× 親指以外の指を使って優しく押します(痛いと感じるのはリンパマッサージではない!という先生もいるそうな) ちなみに、友人が教えてくれたマッサージ箇所がもう1つ(リンパ節かどうか不明) 脇腹のちょうど胸囲を計るあたりに、痛いと感じるポイントがあります。 (健康なヒトは痛くないのかも…ちなみにワタシ、そっと押しただけで「痛ッ!!」ってなります…) ココも指で優しく圧を加えながら、ゆっくりさすると良いとのこと。ていうか痛いぞココ。  

マッサージポールに1日1回乗る!

上記2つのマッサージは、スキマ時間に日常的にできるモノですが、最後にオススメしたいのが「ストレッチポール」です。   友人に激痛マッサージをされて以来、酔っ払っている日以外は毎日このポールに仰向けに乗って、背骨を中心にコロコロしています。 …ってカンタンに書いたけど、結構、いや、とっても痛いです。。 仰向け以外にもいろいろなストレッチ方法があるので、詳しく知りたい方は公式サイトをチェックしてみてください。 ワタシは仰向けのが痛くなくなってきたら、他のストレッチにもチャレンジしてみようと思います(笑)  
■編集後記■ 健康って大事だなぁ…と友人に指摘され、改めて感じました。。 肩コリが悪化すると、頭痛も併発したりするので、日常的にケアしたいなと思います! ではまた! 美容院でマッサージしてくれたアシスタントさんに、肩を揉まれて「アレ?こんなとこに軟骨あったっけ?」とつぶやかれた踊るOL(@jaggyboss)でした!