NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

【グルメ】石頭楼は相変わらず絶品だった!

スポンサーリンク

こんばんは!朝からステーキを食べれる踊るOLです。

今日は以前カンゲキにむせびないた(オオゲサ?)絶品鍋をいただける「石頭楼(すーとーろう)」に行ってきました!

コトの発端は前回の奥田サロン。

参加していた友人が「ゴマ油まみれになりたいっ!」と言う鶴の一声で、あっという間にメンバーが決まり、久しぶりの訪問となった次第。

石頭楼ってナニ?と思われる方も多いかと思いますので、今回はほっぺた落ちまくりのこの鍋について、写真を使って紹介しましょう、そうしまSHOW!!!(←美味しさを思い出してテンション上がってきたw)

ココで出されるのは「石頭火鍋(5000円/人)」という鍋料理。

他に単品料理があるのかどうか知りません。だってコレ目当てで行くんですから。

まず、お店にたどり着くまでが大変!

初訪問の方はたいてい迷うはずw(看板出てないし)

でも、お店に近づくにつれ、辺りにはゴマ油の香りが…(近隣住民の皆さんは、慣れてるのかしら?)

路地の奥にあるマンションに近づくと、お店のヒトが案内してくれます(そうでない場合もありますw)

今回は初めてアネックスに案内されました(本店から50mくらいしか離れていない1軒屋。もちろん看板ナシ)

で、席に着くと目に入るのが、冒頭の写真にある石の鍋。そしてそこに満たされたゴマ油…!

そして、傍らには海鮮っぽい具材が置かれています。

肉はまだ無い…

肉以外の具材は、白菜、ほうれん草、長ねぎ、えのき茸、しいたけ、春雨、豆腐、蟹、鶏団子、いか団子、えび、ワンタン。たぶん。

タレは写真↓のネギダレと、卵タレの2種類。

おろしニンニクや腐乳(豆腐羹のようなもの)もお好みで入れます。

↓前菜?肉までヒマなので一応撮影w

程なくして、店員さんが肉を持って登場!牛さん(牛肩ロース)と豚さん(豚バラ)です!!

このお肉さん達を、熱した鍋にIN!

↑しゃぶしゃぶして・・・

↑旨味を閉じ込めて・・・

↑一旦、お皿に引き上げます。

その後、肉の旨味がたっぷり出たゴマ油に、鶏がらスープを足し、先ほどの海鮮や野菜などの具材を投入。しばらく煮込んだ後、先ほど皿に引き上げた肉を、再び投入します。

↑完成!

こんなん、美味しいに決まってる!!!

普通だと、温めすぎると固くなってしまう牛肉も、石鍋の遠赤外線効果で、時間が経っても柔らか~い♪

シアワセすぎて、あっという間に無くなっちゃいました!

で、そんな肉と海鮮の旨味がギュギュっと出まくった汁で、シメのラーメン or 雑炊を作ってもらいます。

今回はラーメン!(てか、個人的なオススメはラーメンです、絶対!)

もうね、あれだけ鍋食べたのに、ゴマ油まみれになったのに、スルスルっと食べれちゃうんですね、コレが!

ああもう、写真見てるだけでヨダレが…

鍋があまりに美味しすぎて、デザートの杏仁豆腐は撮り忘れましたよw

ゴマ油たっぷりなので、最初に食べた時は「胃にもたれそう…」と思ったんですが、心配無用。

全く油っぽくなくて、むしろサッパリ食べれちゃう感じなのですよ!

ごちそうさまでした!今すぐにでも、また食べたい!!

石頭楼 本店

TEL:03-3403-9888

住所:東京都港区六本木7-3-24

ではまた!