NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

『Daylight | Blue』刊行記念 菅原一剛さんトーク&レセプション「光の見方・眩しさの捉え方」

スポンサーリンク



こんばんは!写真にハマってどうしよう?な踊るOLです。

さて、今日は「ほぼ日」の連載でお馴染みの写真家、菅原一剛さんの新しい写真集の刊行記念トークイベント&レセプションにお邪魔してきました!

会場となったのは、恵比寿にある「amu」というギャラリースペース?でした。
場所が分かりにくくて、ちょっと遅刻して入場。

うわー、ホンモノの菅原さんだ…!

ほぼ日の連載「写真がもっと好きになる」のスタート当初からずっとファンだったので、お目にかかれて嬉しすぎでした!

※ちなみに、ほぼ日では新連載もスタート!毎週木曜の更新(予定w)とのこと。

写真がもっと好きになる。 - ほぼ日刊イトイ新聞
 実践編、楽しみ楽しみ♪

想像していた通り、穏やかな声でニコニコとお話しされる菅原さん。
伝統的な「湿板写真」という技法を探求されていて、光の捉え方が独特な方です。

今回の写真集「Daylight | Blue」もモノクロ写真。
写真集はすでに購入済みでしたが、会場に展示されている大判の写真を観て、圧倒されました。


レセプションでは直接ご挨拶させていただき、さらにカンゲキ!

吉田カバンとコラボしたカメラバッグを持っていったんですが、
「あ!僕のカバンだ!」
と気づいてくださって嬉しかったです♪

[ビージルシヨシダ] B印YOSHIDA 菅原一剛×PORTER×B印 YOSHIDA “PHOTOTE"
by カエレバ


菅原さん、運営スタッフの皆さま、ありがとうございました!
ほぼ日のシェフにご挨拶できなかったのが悔やまれる…!


ではまた!


<参考リンク>

Daylight | Blue スペシャルサイト

*公式サイト「菅原一剛写真研究室

公式ブログ