NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

【雑記】Twitter・Facebook・ブログの使い分け。

スポンサーリンク



こんばんは、今日も華麗に寝過ごした踊るOLです。
最近SNSの使い分けに変化があったので、備忘録的に残しておきたく。


情報には「ストック」と「フロー」がある、とよく言われます。

この文脈で語られる際、たいてい
 ストック=ブログ
 フロー=Twitter
言われることが多い昨今。

言われてみれば確かに、リアルタイムで流れていってしまう、誰かの発言を追うのは大変ですよね。
(もちろん、1つ1つの発言にいちいち反応されたら、それはそれで怖いですけども)

Twitterを始めた頃>


TwitterやFBの登場以前は、(Web上の)アウトプットの場はブログしかありませんでした。
その後、mixiを一時期使っていましたが、2009年7月18日にTwitterのアカウントを取得。

確か勝間さんがTwitterを本格的に使い始められたタイミングで、ワタシも!となったんでした。

その頃は、今みたいに毎日ブログ更新をしているわけでもなく、内容もカイシャの愚痴とか、どーしようもないことばかり(^_^;

なので、日常の出来事を140字でカンタンにアウトプットできるTwitterには、即ハマりました。
ブログにコメントを残す、となると、内容はいろいろ考えて書くけれど、Twitterなら気軽に&気楽に反応できるのも大きかったし、反応をもらいやすいのも楽しかったです。


Facebookが中心になったワケ>

3.11後、爆発的にTwitterユーザーが増え、リストを多用しつつも、発言がどんどん流れていってしまうことが、徐々にストレスになるようになってきました。

FBのアカウント自体は、2009年9月27日に取得。
ただ、この頃は転職活動中だったり、周りにFBユーザーが少なかったりと、あまり積極的に使ってはいませんでした。まだ周りはmixiメインだった気がします。

その後、FBも徐々にユーザーが増え、今や対面以外ではワタシのコミュニケーションの中心はFBです。


なぜ、TwitterからFBメインになったのか。

一番大きい理由は、「知らないヒトより、知っているヒトとの関係を深めたい」と思ったこと。

Twitterで見知らぬヒトとコミュニケートするのも楽しいんだけど、正直なところ反応に困るコメントをいただくこともしばしば。

せっかく自分の時間を使ってコミュニケーションするなら、わざわざストレスを感じるようなことをしなくても良いかなーと。

時間を使うなら、なかなか会えない昔の友達など大切なヒトのために使いたい、と思ったんですね。


FBは実名登録が基本(たまーに実名じゃないヒトもいますが)。

実名至上主義というわけではないけど、やはりFBにはプライベートなことも書くので、相手の素性が分かることは大切です。
(なので、もし実名じゃないなら、せめてアイコンは顔写真にして欲しいです)


<ブログとSNS

今年に入ってから、ブログの更新頻度や内容をリニューアルしました。

淋しがりなので、常に誰かとコミュニケーションをとっていたいんですが、それはSNSで補完できるので、ブログは誰かとつながる場というより、「誰かの役に立つ情報を発信する場」に変わったんです。

幸いにも、周りにものすごいブロガーさんがたっくさんいるので、彼らに少しでも追いつけるよう、もっと質を高めていきたいなーと思っています。

一方、FBメインとはいえ、Twitterをやめるわけではありません。
やっぱり気軽・気楽な会話は楽しいので。

ただ、ストレスになっていた頃のように、タイムラインをさかのぼって全部チェックするのはヤメました。メインリストに入れるアカウント数も、少しスリム化しました。


FBのスタンスはほとんど変えていません。
友達リクエストを承認するのは「実際にお会いしたことがあって、顔と名前が一致するヒト」に限っています。
(なので、大勢が集まるパーティーで、名刺を交換しただけ&アイコンが顔写真じゃない場合、承認するのを躊躇っちゃう場合があります。特にお酒が入った後はw)

深夜に暗~い発言をしたり、アップするのは肉の写真ばかりだけどw、FBのおかげで再会できた友達や、仲良くなれたヒトがたっくさんいます。


つながってくださってる皆さま、これからも生暖かく見守っていただけると嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■編集後記■

上の文章、昨日ハデに寝過ごして、お風呂で溺れかけた後、朝4時近くに書いたので、いろいろアレですが、せっかく書いたのでアップしちゃいます。

たぶん、昨日の飲み会が楽しすぎて、嬉しかったんだろうなー(笑)


ではまた!