NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

【イベント】熊野本宮大社正遷座120年大祭

スポンサーリンク



昨日に引き続き、熊野。
朝から雨が降っていて、イベントの開催が心配されましたが、準備が始まる頃には止んで、イベント開場時には青空が見えるくらいに晴れました!

ワタシはボランティアスタッフとして、こちらのイベントのお手伝い。

熊野本宮大社正遷座120年大祭

定員500人のイベントは満員御礼!
急遽、椅子の数を100増やして、当日券も販売。

当日券を希望する方は、イベント開始2時間前から並んでいらっしゃいました…!


イベントは和田裕美さん主催。
 *九鬼宮司のお話
 *大河ドラマ平清盛」の題字を書かれた金澤翔子さんによる揮毫の進呈
 *以下3名による特別対談
   ・「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズで有名な漫画家の荒木飛呂彦先生
   ・脳科学者の茂木健一郎さん
   ・和田裕美さん
など盛りだくさん。

おそらくクローズドなイベントなので詳細は割愛しますが、印象に残ったお話を幾つか問題なさそうな範囲でシェアしますね。
 


*お参りに行くことは、心を整えること(茂木先生)
*プライドとは、「仕方ない」と生まれたままの自分を受け入れること(荒木先生)
*神さまにすがるのではなく、誓うこと。
 その誓いを守るためには、何をしなければならないか考えること(茂木先生)

ジョジョの荒木先生と言えば、年々若返っているのでは!?とウワサのお方。
確かにご年齢よりずーーーっとお若く見えます。

ただ、「生き血は吸っていない」とキッパリおっしゃってましたw (そーゆーウワサがあるので)
お肌ツルッツルですが、「東京の水で顔を洗っている」そうですよ!


金澤翔子さんの揮毫は圧巻でした。
揮毫そのものをナマで拝見したのは初めてでしたが、あの小さなカラダのどこに、こんなに力強いモノが潜んでいるのかと不思議なくらい、素晴らしかったです。
(移動の時間が迫っており、写真を撮れなかったのが悔やまれます)


ワタシはスピリチュアルには全く興味ないけれど、「神道は宗教ではなく「道」なのだ」という和田さんのお話には納得。

日本の神話もロクに知らないし(古事記日本書紀も読んだことあるのに、あまり記憶に残ってないのです)、日本人として一度ちゃんと学んでみようと思えた1日でした。


とにかく大斎原という場のパワーがハンパなかったです。


和田さん、登壇者の皆さま、参加者の皆さま、ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■編集後記■

余談ですが、実は行きのバス(昨日)が渋滞に巻き込まれたため、昨日は本宮大社のお参りができなかったんですね。

今日のボランティアも朝イチからだし、せっかく熊野に来たのに本宮大社にお参りできないで帰らなきゃならないかなーと思っていたのですが、雨のおかげでボランティアの集合時間が遅れて、無事にお参りすることができました!!

朝、雨が降ってたのは、ワタシ達にお参りさせてくれるためだったのかなーなんて。