NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

【雑記】「~しなければならない」ばかりになっていませんか?「~したい」ことを見つける&思い出すコツ

スポンサーリンク



こんばんは、イージートーンのスニーカーで歩き続けて、ふくらはぎが吊った踊るOLです。
(もはや「踊る」イメージなんぞカケラもない)

最近、シゴトでもプライベートでも
「アレやらなきゃ!」「コレやらなきゃ!」
と「◯◯しなければならない」ことに囲まれつつあります。

要は「7つの習慣」でいう「第1領域(緊急&重要)」と「第3領域(緊急&重要じゃない)」にあたるコトばかりに時間を取られている状況です。

ホントは「第2領域(緊急じゃないけど重要)」に時間を割きたいし、割くべきなんだけど。



ん?待てよ?
ワタシの「やりたいこと」って何だっけ……?


「~しなければならない」ことに囲まれると、本来「~したい」と思ってることを見失ってしまいます。


そんな時、ワタシがいつもやっていることをご紹介。
 


●ステップ1:ゼロに戻って「理想の自分」を描いてみよう

ゼロに戻る=「~しなければならない」ことを一旦脇にどかすこと、と考えてください。

この「ゼロに戻る」ってのがなかなか難しい。
ワタシの場合、散歩をすること=ゼロに戻ることだったりします。

どうしてもゼロに戻れないのであれば、一度「~しなければならない」ことを全部紙に書き出します。GTDの収集ステップみたいなモノですね。

で、書き出したら、忘れましょう。


次に、自分が考えうる「理想の1日」を思い描いてみましょう。

妄想上等!

ただし、ほんの少しで良いので「叶えられる可能性のありそうな」ことにしましょう。
「空を飛ぶ」とか「ドラえもんに来てもらう」とかじゃダメ。

部屋の感じとか、シゴトの進め方とか、誰に会うとか、なるべく細かく考えてみるのがオススメ。



●ステップ2:理想と現実のギャップを比べて、ポジティブに凹もう

妄想はあくまで妄想。
どうしても現実には引き戻されるモノ。

今現在の自分の1日と、ステップ1で描いた理想の1日とを比べてみます。

……理想の1日を具体的に描けば描くほど、現実とのギャップに悶え、凹みます。
(え、え、ワタシだけ?そーですか…)


そしたら、「~しなければならない」ことの中から、理想の1日に近づけそうなモノからやっつけていきます。どうせやらなきゃならないなら、理想に近づく可能性のあるモノからやった方がワクワクするので。


コツは「~しなければならない」ことは、あくまで手段やプロセスだということ。
ユーウツな「~しなければならない」にフォーカスするのではなく、それを片付けたら「理想の1日」に近づける!と思えればOK。

手段と目的を履き違えちゃダメってことです。
ワタシはよく混同しちゃって凹みます。

でも、凹むのは「カイゼンできる余地」があるから。
そう思ったら、凹むのもそんなに悪くはないのかも?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■編集後記■

久しぶりに煮詰まりモードな週末。
たいてい延々と散歩すると治るんですが、今日のは我ながら長かったー。

あまりゼロベースで考えなおすことって無いんだけど、今回はちとココロが疲れていたようです。週末はゆっくりもしれいられないけど、あまりヒトに会わずに自分と向きあってみまーす。