NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

「スキ」を拡げる3つのポイント~「興味ナシ」から「試してみよう」の間にあるモノ

スポンサーリンク



ここ1週間ほど、ずーっとアタマの片隅で考えてること。
どうしたら、自分の『スキ』なモノに興味を持ってもらえるんだろう?

シツコイですが、先週末までの「ののう」を観ていて、
「あー、もっとみんな観に来ればいいのに、モッタイナイなー」
と思ってたんです。

そう思うのはワタシがKUROYURIの創る舞台がスキだからというのもあるだろうし、身内びいきな部分も多分にあります。

でも、今まで一度もダンスの舞台を観たことの無いヒトが、この舞台を観たらどんな感想を抱くんだろう?って考えただけでワクワクするんです。


じゃあ、どうやったら、もっといろんなヒトが観に来てくれるんだろう?
と考えてたわけです。


ただし、前もって言っておくと、ダンスと関係のないトモダチに、ぐいぐいとオススメするのは本意ではありません。というか、それはやりたくない。

というわけで、「自分のスキなモノを広める」ポイントを挙げていきます。

 

●対象その1:身近なヒトに興味を持ってもらう

<メリット>
 *直接「スキ」な気持ち・熱意を伝えやすい。
 *興味を持ってくれたら嬉しい!感想もより直接聴くことができる。

<デメリット>
 *あまりオススメしすぎると、引かれてしまう。
 *興味がないのに…と相手に「断る手間」と気を遣わせてしまう。


⇒あと、あまりにリアクションされないと、自分自身がちょっぴり凹みますw
 コレ、ワタシはかなり苦手です。酔っ払ってたらできるけど。


●対象その2:全然知らないヒトに興味を持ってもらう

<メリット>
 *身近なヒトより母数が多いため、たくさんのヒトを集められるかも?
 *いろんなタイプのヒトの感想を得ることで、自分の興味を改めて見つめ直せる。

<デメリット>
 *知らないヒトなので、反響を測りにくい。
 *ネガティブコメントばかり目にすることになる可能性もある


⇒目指すとしたら、こっちかなぁ。。
 でも、自分の「スキ」なモノのハナシを、もっと周りの仲間でできたら楽しそうだし。。




●「ちゃんと」知らないとオススメできない

ま、当たり前ですね。

ブログや読書、写真、映画鑑賞など、それを「スキ」なヒトがたくさんいることならいざ知らず。
ダンスの舞台を観に行く、ボクシングで鍛えている、映像を作る、などなど、母数が少なそうな「スキ」を伝えるのは難しいもの。
(もちろん、環境によります。周りがダンサーやボクサーばかりなら問題ナシ)

どういうトコロがスキなのか

を伝える前に、

それは『どういうもの』なのか」からスタートしなければいけません。

アナタは自分の「スキ」なことが「どういうもの」なのか、相手にキチンと伝えられますか?




●体感型か受動型かで伝わり方は違う

観てるだけ」のか「実際やってみる」のか。

相手に「スキ」を勧めるとき、相手が「体感」できるかどうかも大切。

もちろん「観る」のも体感なのかもしれませんが、ココでの定義は、その「スキ」なことを相手が体験することができるか?とします。

例)ダンスがとにかくスキ
    ⇒ダンスの舞台を「観る」だけで「踊る」わけではないので、受動型と言えます
  ボクシングで鍛える
    ⇒体験レッスンに参加してみるなど「体感」型と言えるでしょう


もちろん、体感してみて「難しい!」と思って、相手を「スゴい」と思うのか、「ワタシにはムリ」と放り出してしまうかは個人差がありますよ。




●自分ブランディングボキャブラリー

では、受動型の「スキ」を相手に伝えるのは、どうすれば良いんでしょうか。

このへんはまだまだ検証中ですが、結局以下の2点に集約されるのでは?とと考えています。

1)自分のブランド力をアップする

  ⇒まったく興味がなかったコトでも、スキなタレントがハマってる、と聞けば
   興味が沸くことってありますよね。

   身近な友人でも「このヒトが勧めるなら、試してみようかな?」と思える
   ヒトがいます。要は自分ブランドを上げておくと、知らないヒトにも興味を
   持ってもらいやすいかも?ってことです。


2)「スキ」をキャッチコピー化する

  ⇒現代人はみんな忙しいので、まどろっこしい説明はジャマです。逆効果。
   でも「スキ」なことだから、ついついハナシが長くなってしまうのも事実。

   だから、常に語彙を豊かに&相手に合わせてキャッチーなコトバで伝えられるよう
   練習しておくと良いかと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■編集後記■

「ののう」を観ていて考えていたこと。

「観に来てくれて興味を持たれないなら仕方ない。
 でも、観に来ない=興味を持っていない から『行ってみようかな』に
 変えるには、どうすれば良いんだろう?」

このへんのこと、広告系のトモダチに聞けばヒントがもらえそうかなぁ。

観に来てもらえないと、ただの自己満足になっちゃいますからね。