NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

やりたいことは周りに伝えるほうがいい。ただし、伝え方には気をつけて!

スポンサーリンク



こんばんわ。
酔っ払ってブログを更新するとロクなことにならない踊るOL。です。

今日は会社の所属部署のキックオフ飲み会だったんですね。
んで、たまたま部長の隣の席になったので、
こーゆーことがやりたいんです!みたいな話になったわけですよ。


そしたら興味を持っていただけまして。
んで、具体的にどうやったら実現できるか?みたいなことを聞かれまして。


ま、そりゃそうだよね、と。
かーなり酔っ払ってたんで、具体的に答えられなかったのが悔やまれます。

で、帰りの方向が同じ同僚に相談して、どういう風に進めて部長に提案すれば良いかアドバイスをもらったんですね。
よくもまぁ酔っ払いの訳わからん説明に付き合ってくれました。



そのアドバイス酔っ払ってて忘れちったんですけれども(いやん、サイテー)


前置きが長くなりましたが、「やりたいこと」を周りに伝える際に、考えたほうが良いかなーと思うことを、まとめてみました。




●やりたいことを実現するために、何が足りないの?

資金なのか時間なのか人材なのか。
他にもイロイロありますが、要は現状と理想のギャップをキチンと洗い出しましょう、ってことです。

シゴトの「やりたいこと」なのか、プライベートの「やりたこと」なのかによっても、ギャップの中身は全然違います。

例えば…

 <シゴト>
  今まで紙で管理していたモノを、DB化してPCで管理したい!
  けど、日々の業務に追われて時間がない&メンバーへの浸透が大変そう…

 <プライベート>
  海外旅行に行きたい!けど、旅行資金が足りない&休みが取れないかも…

それぞれ、悩みポイントの内容も深さも違いますよね(上の例はちとザックリですが)。

何がネックになっているのかさえキチンと洗い出せれば、あとはその対策を考えればいいわけです。

上の例(シゴト)であれば、だいたいどれくらい時間が必要なのか or いつまでに完成させたいのかを決めて、毎日何分であれば時間を割くことができるのかを考えれば良いでしょう。

メンバーへの浸透についても、直属の上司に相談するなり、PC初心者が見ても迷わないようなマニュアルを作るなりすればOK。


●「やりたいこと」は「なぜ今できないのか」をセットで伝える

「何がネックなのか分からない(もしくはハッキリしない)」から動けないのであって、それさえ分かってしまえば、周囲への伝え方も変わります。

「○○がやりたいんだー」だと、「へー、頑張ってー」で済んじゃう話も、
「××がやりたいんだけど、今▲▲で困ってるんだ…何かいいアイデアないかな?」のほうが、
ヒントをもらえるし、応援してもらえる可能性はグンと高まります。

※余談ですが、アドバイスをした相手がその後どうなったか?は誰でも気になるもの。
  ちゃんと報告してくれるヒトは信頼できますし、またチカラを貸したいと思います。




●そもそも、ホントにやりたいの?をもう一度考えてみる

1つめのポイントとしてあげたギャップの洗い出し。
コレをやってみると、アレもコレも足りなくて呆然としてしまうこともあるでしょう。

その時に自分に質問。
「アレもコレも解決してまでやりたいことなんだっけ?」

YESなら迷わずGO
NOと言わないまでも、「うーむ」と悩んでしまうなら、立ち止まって考えなおしてみましょう。


そもそも、ギャップが大きい=やりたいことがドデカイから。
そのギャップにウンザリしてしまうくらいなら、「やりたいこと」を分解してみると良いかも。

例えば、
「海外で生活したい!けど、お金も無いし知ってるヒトもいないし、英語力も不安…」
なのであれば、

*外国籍の友人を作る
*現地で自分のできそうなシゴトを見つける

に分解してみるとかね。(あんまり浮かばないけど)。


「やりたいこと」を分解すればするほど、ネックになっている部分が見えてきます。
それを解決・解消するモチベーションが無いなら、そもそも本気で「やりたいこと」じゃないのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■編集後記■

昨日アップしたはずなのに、うまく予約投稿できなくてションボリ。
でも文章がグダグダだったので、手直しできて良かったですw

夜に予定を入れるときは、ブログを書く時間を考えないとダメですな。。
来月はマイバースデー月間なので、ちと対策を考えます(お祝いしてもらえる前提w)

では、また。