NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

写真ってコワイ…だってオンナのコだもん!~SNSで写真を扱う4つのポイント

スポンサーリンク



こんにちは、最近飲んだくれた姿ばかりが写真に撮られる踊るOL。です。

さて、今日はちょっと最近イヤな目にあったので、写真の取り扱いについてヒトコト。


●写真はワイワイ共有しよう!

写真の共有、昔よりずっとカンタンになりましたよね。

ちょっと前までは、データのやり取りもままならず、デジカメ時代なのにプリントして配ったりしてましたっけ。メールで送るにはデータが重すぎたりしましたもんね。

そのうち、Webアルバムが登場し、日本でもいろいろな企業が参入しましたね。
ワタシ自身も幾つかアカウントを持っています。


そして、直近で当たり前になりつつあるのが、SNSとWebアルバムの統合です。
FacebookGoogle+をやっている方ならイメージつきやすいと思いますが、誰かが撮った写真がそのヒトのSNS上のWebアルバムにアップされ、本人が意図した公開範囲に一斉にシェアできるというもの。

誰かの結婚式とか、同窓会とか、飲み会とか、後で撮った写真を見ながらワイワイとコメントをつけたりできるのって、とっても楽しいんです。


あくまで、それが「内輪」のヒト達だけの間であれば。





●実名アカウントゆえなのか、単に酔っぱらい顔すぎたのか…

先日こんなことがありました。

ワタシがタグ付け(写真上の顔のあたりに名前が出る仕組み)された写真を見た方が、わざわざFacebookメッセージを使って(そのタグ付された写真へのコメントではなく)、ワタシに対してちょっとヒドい言葉を浴びせてきたのです。
(とても傷ついたので、ココには書きませんというか、書けません)

ワタシはTwitterFacebookも同じ顔写真のアイコンを使っているし、いずれも本名で登録しています(そのメッセを送ってきた方は本名ではありませんでした。アイコンも顔写真ではなかった)

もちろん、実名や顔写真を出すのは自己責任なので、コレについて何かを言われるのは自業自得ですし、こんなに凹んだりしません。


ワタシが凹んだのは、ものすごく楽しい思い出であったはずの写真に、
不愉快な「ケチ」が付いたこと。
コレがアタマにきました。

そして、今までそんなに気にしたことはなかったけど、自分の知らないうちに知らない写真が公開されるのって、やっぱりちょっとコワイかも…と思ったんですね。

タグ付(「○○と××にいる」みたいな位置情報)も一方的にされるとコワイです。

ワタシの仲良い飲み友達はみんなSNSのマナーというかルールを熟知しているヒトたちなので、
タグ付するときは「タグ付しちゃって大丈夫?」って聞いてくれます。
写真もそう。冗談交じりに「ココにいて平気?」みたいに。



SNS上に写真を載せるとき、タグ付するときは、キチンと手順を踏もう

ここ最近、ワタシのあずかり知らぬところで、事前にヒトコトの断りもなく写真をアップされ、
タグ付されるケースが続き、また先日のメッセージのようなことが起こるのではないか…と懸念を強めています。


写真を載せないで欲しいわけではありません。いや、むしろ載せて♪と思ってます。
「許可なく載せないで」と言っただけで削除してくれた友人もいますが、そういう意味じゃない。

ワタシが言いたかったのは、載せるにしても順番が違うでしょう、ということ。

普段は飲んだくれてるし、マジメキャラじゃないけど、いちおうコレでもオンナなので、
そのあたりは気をつかっていただきたく。
(気をつかわせる存在でいたくはないんだけれど、最低限の部分はね)


なので、写真を載せる・タグ付をする時の踊るOL的ポイントは4つ!
1) 写っているヒト達全員に、SNSへアップしてOKか確認しよう。タグ付も同じ。

2) OKが出ても、あまりにヘン顔な写真は、オトナの対応でそっと
   アーカイブ(本人に見せてOKと言われれば別だけど)。

3) 公開範囲には気をつけよう。
  ワタシは「友達の友達」は「全体に公開」と変わらないと思ってます。
  基本的には「友達」までにしておくのが無難。
  もっと内輪な写真なら、その会にいたメンバーだけに公開するんでも
  充分なんじゃない?

4) あとは好きに盛り上がっちゃってOK!

手軽に写真をシェアできる時代だからこそ、マナーを守って楽しく写真をアップしましょう♪


あ、たちさんは許可なく載せちゃってOKです(笑)
そこまでヘン顔な写真は公開設定で載せないと信じてるんで!(オトナな対応でね)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■編集後記■

いやー、ワタシもちょこっとだけ有名になったってことなんですかねぇ。
面と向かって言えないなんて、いくじなしッ!と思ったけど、まぁ今後一生ゴハンを食べに行く相手じゃなさそうだったんで、「気にしてくれてありがとう」と思うことにしますわ。

風邪で寝込んでる時にそんなメッセージを読んだら、治るもんも治らんわっ!と久しぶりにプルプルしましたよー・・世の中には暇なヒトがいるんですね。

ま、ブログのネタになったので、水に流しましょ。
(とゆーわけで削除しちゃったお友達、ちゃんと許可とって載せてくださいなw)