NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

風邪からたった1日で劇的に快復する5つのポイント

スポンサーリンク



「バカは風邪を引かない」
とは昔から言うものの、風邪でウンウン唸っている時は
「バカでもいいから、風邪なんて二度と引きたくない…」
と思ったりするのが人間なわけでして。

今回はワタシが毎回風邪を引くたびに行なって、1~1.5日で快復する方法をシェアします。


●1.とにかく寝る!

これはもう当然ですね。
起きてたってロクなことはありません。

温かくして、とっとと寝る!

ただし、寝る時には枕元に水分を置いておくこと。
あと、できればマスクをして寝ると良いです。


●2.市販薬は基本的に飲まない

市販の風邪薬は、風邪に伴う諸症状を緩和することはできますが、治すことはできません。
ワタシの家には風邪薬が一切ないくらい、我が家では昔からほとんど風邪薬を飲んだことがありません(けっこー最近まで、それが当たり前だと思ってた)。

今回は土曜に外出予定があったため、やむを得ず飲みましたが、効きっぷりにビビりました。
確かにカラダは楽になります。イブプロフェン、すげー!

ただ、過去何度か飲んで失敗した経験から言うと、風邪薬を飲むと症状は緩和されますが、とにかく風邪が長引きます。

風邪のウィルスをやっつけるために熱が出るのに、それを下げちゃったらダメです。

※あくまで個人の考えですし、仕事をどうしても休めないヒトは服用したほうが良いかも。


●3.水分をたくさん摂る

薬を飲まない場合、熱はグイグイ上がります。
でもそれでいーんです。

汗をたっくさんかくので、脱水症状に陥らないよう、とにかく水分を摂ります。
ひたすら睡眠→目が覚めたらたっくさん水分を摂る→再び寝る の繰り返しです。

水はなるべく常温で。冷えてるとカラダの芯がゾクゾクするので。

普通の水だと戻してしまう場合はポカリスエットが良いです。
ウチには粉末のポカリが常備してあり、いつでも作ることができるようになってます。
賞味期限が相当長いのでオススメ。


●4.乾燥に注意せよ

風邪のウィルスを殺すのは、熱と湿気だそうです。

そうでなくとも、乾燥した部屋は咳き込みやすいので避けたいもの。
加湿器か、それが無ければ濡れタオルをハンガーにかけて干しておくなどしましょう。

ワタシはパイル地のマスクを付けて寝てます。
以前、風邪で寝込んでいた時に、部屋が乾燥しすぎて、鼻水がノドの奥に貼りついたまま固まってしまい、窒息しそうになったので(汚いハナシでゴメンなさい…)。


●5.食事は徐々に固形物を

熱のせいで食欲が沸かない…ということもあるでしょう。
三度の食事が何よりの楽しみ!なワタシにもあります。

でも、食事を摂らないと風邪ウィルスと戦う体力がどんどん落ちちゃうし、それに比例して治癒力も落ちちゃいます。

なので無理やりにでも食べる必要があるわけなんですが、おかゆは食べません。
(単にスキじゃないだけですが)

ワタシの場合、ゼリー状のドリンク剤(通常はウイダーinゼリー)→麺類(今回は釜玉うどん)→通常の食事 と三段階です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■編集後記■

いかがでしたでしょうか?
風邪薬を飲まないほうが良い、というのは割りと近年になって有名になってきたようですね。
ワタシはかかりつけのドクターが、昔からなるべく薬を飲まずに治す方針だったのが幸いしました。バファリン正露丸は飲みますが。

ちなみに、今回の風邪はここ数週間の睡眠不足のツケが一気に出たんだと思います。
平熱が34.8℃(よく「生きてる?」と言われます)から、今回は38.9℃まで上がりました。

まるまる4℃熱が上がるって、結構なことなんですねー。
でも、上に書いたことを1つ1つやっていったら、アッサリ下がりましたよ。えへん。

さすがに咳をしすぎたからか、ノドの痛みは残っていますが、カラダはピンピンしています。心配してくださった皆さま、ありがとうございました☆