NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

<シリーズ>寝過ごしたときは…①安心君は本当に安心か否かの考察。

スポンサーリンク

こんばんは。寝過ごしの伝道師、踊るOL。です。ウソです。

この商品は、あまりに寝過ごしまくるワタシのために、社会人1年目の時に友人から誕生日プレゼントにいただいたモノです。

「誕生日プレゼントに寝過ごし防止アラームて…しょっぱ…いや、嬉しい!

と感涙にむせび泣いたことは言うまでもないでしょう。

商品の使い方は見たまんま。
アラームを設定して耳に突っ込むだけ。


※別途詳細を記載するかもしれませんが、大学時代から寝過ごしっぷりで一目を置かれていた
 ワタシ。以下は一例です。
 ・中央線は大月まで。まさかの県またぎ。
 ・山手線は軽く2周。翌朝早いから、と1次会で帰ったのに2次会を終えて帰る友人と
  同じ電車とかザラ。むしろ「待ってたよー」的な。
 ・湘南新宿ラインでは籠原まで。一瞬、ホントに何県だか分からなかった。
 ・西国分寺駅から浦和方面に向かう際、なぜか府中本町に着く。
  「逆に乗っちゃった。てへ」と思ったら、まさかの小旅行。
  時計の針が異様に進んでいてビビる。

 など枚挙に暇がありません。あはは…は…


さて、そんなワタシの寝過ごし癖は、安心君で治るのでしょうか…?



結論。



治りませんでした!



いやはや、3回目までは起きれたんですが、それ以降は音に慣れちゃって全然ダメ。

あと致命的なのはボタンがちっさい。
もともと耳に突っ込むモノなので、全体的にパーツが小さいわけですよ。

寝過ごす時って、たいてい疲れ果てている時か、酔っ払っている時です。
そんな時、こんなちっさいボタンをちまちまと設定なんてできません。
いや、できるヒトもいるのかもしれませんが、ワタシには無理でした。。

特に酔っ払っている時は、視界がグルングルンしてたりするので、液晶がよく見えません(笑)

「何がどう安心なのだよ…!」とプルプル震えるワタシ。

Amazonの商品説明を見てみました。
「小型タイマー安心君パート2 アイス」は、耳にはめる超ミニタイマーです。お子様の添い寝、電車等・公共の乗り物の中などで、うっかり眠ってしまっても、周りの方に迷惑を掛けずに、そっとお知らせしてくれます。時間は5分から9時間55分まで、5分単位で設定できます。
(中略)
耳にはめて使用するミニタイマーです。ご自分の耳元だけに聞こえるアラームですので周囲を気にせずご使用いただけます。電車での居眠り、乗り越し防止に、集合時間の確認やお料理、車中での仮眠やお子様との添い寝などアイデア次第で用途が拡がります。

…そもそも電車の居眠り、乗り越し防止の用途だけではないのですね!(そりゃそうだ)

そして、たいていのヒトは耳元で「そっとお知らせしてくれ」ただけで目覚めるのですね!

そうか…ワタシ、クラブに行ってもスピーカーの目の前で爆睡できるもんね!
そもそもこの音量じゃ無理ってことですね!
(しかし、これ以上音量が大きくなると、おそらく鼓膜に非常によくない)


というわけで、まだまだ「NO MORE 寝過ごし」の旅は続きます。

不定期更新ゆえ、次回がいつかは決めていません。
諸君、ぐっすり寝て待て!(某アップルパイ風に)