NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

【書感】礼節のルール/P.M.フォルニ<後編>

スポンサーリンク

さて、昨日の続きです。

●ギクッとすること、この上ナシ!コレが礼節のルール25!

何はともあれ、まずは本書のメインコンテンツである礼節のルール25個を
引用しちゃいましょう。

  1. 周囲の人に関心を向ける
  2. あいさつをして敬意と承認を伝える
  3. 相手をいい人だと信じる
  4. 人の話をきちんと聞く
  5. 排他的にならない
  6. 親切な話し方をする
  7. そこにいない人の悪口を言わない
  8. ほめ言葉を贈る。そして受け入れる
  9. NOの気持ちを察し、尊重する
  10. 人の意見を尊重する
  11. 身だしなみと仕草に気を配る
  12. 人と協調する
  13. 静けさを大切にする
  14. 人の時間を尊重する
  15. 人の空間を尊重する
  16. 真摯に謝罪する
  17. 自尊心を持って自己主張する
  18. 個人的なことは質問しない
  19. 最高のおもてなしをする
  20. 配慮がでいる客になる
  21. お願いするのは、もう一度考えなおしてから
  22. 無駄な不満を言わない
  23. 前向きに批判し、受け入れる
  24. 環境に配慮し、動物にやさしくする
  25. 人のせいにしない

ふー、いかがでしょう?
ワタシ個人としては「あれ?そんなに難しいことは無さそうだぞ?」という印象でした。

でも、「知っている」のと「やっている」のは違うんですよね…

ワタシが特にギクッとした、つまり「できていないなー」と思うのは以下。



*ルール8 ほめ言葉を贈る。そして受け入れる。
 ⇒他人を誉めるとき、本書にあるような無力感に苛まれることはありませんが、
  誉められた時の受け入れ方がヘタクソだなぁと思っています。
  本書曰く、
賛辞を素直に受け入れないのは、贈り物が気に入らなかったといって
突き返すのと同じようなもの
なので、気をつけようと思います。。
あ、あと、具体的に誉めるのもヘタだなぁ。


*ルール18 個人的なことを質問しない

嗚呼…コレ、しょっちゅうやってますね、ワタシ。。

シゴト柄(?)、どんな仕事をしているヒトなのか、どうしてその仕事に就こうと
思ったのか、という質問の他にも、出身とかどのへんに住んでいるのかとか、
特に初対面のヒトには質問攻めにしてるかも…orz

ワタシは「この人と仲良くなりたい!」と思ったら、まず自分との共通項を探そうと
しちゃうので、ついつい質問攻めになっちゃうんですよね(←ええ、言い訳ですが)。

本書曰く「身元を明らかにせよと迫るのではなく、会話の流れの中で、または友情が深まっていく中で、自然とその話題が出るに任せるのがよいでしょう」とのこと。

はー、なるほど。
ワタシはせっかち過ぎるんですね。

そういえば、前職の同僚にも「アンタだけ、心のシャッター閉めててもガンガン叩いて入ってきた(笑)」って言われましたっけ。
彼女は「おかげで仲良くなれた」と言ってくれたので良かったですが、抵抗を感じるヒトもいますよね、きっと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もちろん、上の2つはあくまで一例で、他にもできていないことは山のようにあります。
1つ1つ挙げていったら膨大な長さの書感になってしまうので、このへんで無理やり
まとめに入ります(苦笑)



●まとめ


本書の後半では「人はなぜ礼節を見失うのか?」というテーマで語られていますが、
ワタシは中でも「都市生活の無名性が人間関係を不安定にする」という点に共感しました。

本書は2002年にアメリカで出版されたものですが、その頃から既に礼節が失われたと
言われてきたんですね。

で、日本でもブログが流行って、いまや個人がネット上でアウトプットすることが
珍しくなくなってきましたが、同時に「炎上」という言葉も頻繁に目にするように
なりました。

最近だと著名人たちがTwitterを始めたことにより、ブログよりもよりカンタンに
「炎上」しちゃうことが増えてきたようにも感じます。
(そういえば、Amazonのレビュー欄も某書で荒れまくっていましたっけ…)


このことから分かるのは、ヤジを飛ばしたり、悪口を言ったり、時には人格攻撃したり
するヒトたちは「無名の媒体」を使っているということ。

それに対して、実名主義を貫いているFacebookは驚くほど荒れていませんよね。
本書では「同じシチュエーションでも、ふたりが顔見知りだったらどうでしょうか」という問いかけがなされています。

確かに顔見知りのブログに、わざわざ批判的なコメントを残したりはしませんよね。



本書ではSNSやネット上のコミュニケーションについて書かれているわけではありませんが、
無名性」というのは、まさに今の時代の「礼節の失われた理由」を的確に表現されているなぁと感じます。

本書の監修者である大森ひとみさんも、あとがきで書かれていますが、
3.11によって「礼儀正しさの大切さ」と「日本人が持つ礼節のDNA」が見直されるキッカケになったと思います。

震災からもうすぐ1年。
改めて、日本人が持っている(ハズ)の「礼節のDNA」を強化するために、本書はオススメの1冊だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■編集後記■

今回は書感を2日分けて書いてみました。いかがでしたでしょうか?

これまでは、書感エントリーはもっと書きたいのに、1つ書き上げるのに時間がたくさん
かかってしまうのがネックでした。

帰宅してから2hもブログに時間を費やせないよ…!

と思っていた時に見つけた、はまさんの記事、

このフレーズにグッときて、2分割してみることに。
記事が長くなるほど、記事投稿までの時間は増大していくんですよね。
それに最後まで読まれなくなる可能性も増えます。
ですから、長くなりそうだなと思ったら記事を小分けする。
そうすることによって自分も読者も幸せになるはずです。
確かに長そうな記事はEvernoteのWeb-Inboxに放り込んじゃってるもんな、自分。

そんなわけで、まだまだ固まりきっていない書感フォーマットですが、
しばらく前編をギモン編、後半を解決編(回答編?)にしてみようと思います!

※って、結局今回のエントリーはどっちも長文だし、まとめがまとめになっていませんが…(^_^;)



<目次>

第1章    礼節─人生の質を高める技術

他者とともによく生きるために
人は人の中で生きることで磨かれる
礼節とは永遠に色あせない不変の原則 ほか

第2章 礼節のルール25

ルール1 周囲の人に関心を向ける
ルール3 相手をいい人だと信じる
ルール11 身だしなみと仕草に気を配る
ルール20 配慮ができる客になる
ルール22 無駄な不満を言わない  ほか

第3章 人はなぜ礼節を見失うのか?

親しみのカルチャーも時と場合をわきまえて
都市生活の無名性が人間関係を不安定にする
本当に礼節は失われつつあるのか?  ほか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<関連リンク>

*踊るOL。|【書感】礼節のルール/P.M.フォルニ<前編>

*ディスカヴァー社長室ブログ|衣食足りて「礼節」を忘れた!?


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【2752字/57分】