NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

【オススメ本0072】誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール/野口敏

スポンサーリンク

かなり長い間、Amazonのランキング上位にいて、書店に行く度に平積みされているのを見かける本書。

積ん読本が山積みなため購入は控えてたんですが、
やっぱ買っちゃった(笑)


まず、66のルールをいきなり全部やるのは無理(笑)
ですが、すぐに取り入れられそうな内容がいっぱい!

本書の内容も、
「聞く力」「話す力」「質問する力」の順で説明
(中略)
発展編として、どんな人とも会話がはずむ「受け答えの技術」「関係づくりのコツ」や、「複数の人と会話をするコツ」「一つ上の話し方」について説明します。
と、非常に分かりやすい構成です。


ルール2にある「人が話をするとき、聞き手に求めているのは「反応」なのです」という部分にとっても納得。確かに私も、相手の反応がイマイチだと、話しづらいと感じます。当たり前か。

あと、ルール4にありますが、気持ちを表す語彙を増やすことって大切ですね。
相手に共感してるつもりでも、ビミョーにズレてしまったり…なんてことにならないよーに。

ルール26にある「相手の気持が強く動くような瞬間を提示して質問するワザ」、目からウロコでした。
なるほど、そういう聞き方をすれば良いのか!と。
このワザを身につけるには、よほど相手の気持ちを汲みとって聴いてないと難しいですよね。


まだまだ挙げればキリがないですが、今の時点でも幾つか取り入れられているルールがあったので、ちょっぴり嬉しくなりました。

残りのルールも少しずつ自分のモノにして、会話上手になりたいです!
鉄板ネタは幾つかあるんですけどねぇ…(笑)


<目次>

1章 ココから始めるとカンタンです
  この「聞き方」でどんな人とも会話が続く!
     1 人は「自分の話」をしたいもの
     5 「わかってほしい」ところに反応する  ほか

2章 「話題選び」はコレでバッチリ
  相手がどんどんノッてくる気持ちの〈ちょっぴり〉オープン術
   12 会話がふくらむ「話」とは?
   19 話題が尽きたら懐に飛び込め!   ほか 

3章 気持ちを尋ねるからイメージが広がる
  話が一気にあふれ出す「質問」のツボ!
   22 「たまっている気持ち」を尋ねてあげよう
   29 コレなら「知らない話題」でも盛り上がれる

4章 「困った場面」のひと工夫
  どんな場面でも切り抜けられる「受け答え」の技術
   34 「次の言葉が出てこない」ときの対処法
   37 話しにくい人には、「ヒット・アンド・アウエー」話法で  ほか

5章 「ゼスチャー&声かけ」ココだけレッスン
  気軽に話せる「関係づくり」のコツ
   43 苦手なタイプと良好な関係を築く方法
   46 見知らぬ人と一緒の知人とは、こう話そう  ほか

6章 気兼ねなく会話を楽しめる
 「人の輪」にすんなりとけこめる「話し方の基本」
   50 自分の情報を少しは話て、ネタを提供する
   57 どんなグループにもとけこめる方法  ほか

7章 もっと親しくなりたい人がいたら!
  一目置かれる〈ひとつ上の話し方〉
   58 こんなところに「気づく」と喜ばれる
   66 会話は技術より思いやり  ほか