NEO踊るOL。

もう踊っていないしOLでもない、フリーのライター/カメラマン/PR/マーケター。都内に生息。

1/11セミナーまとめ~①田口佳史先生

スポンサーリンク

あまりに内容が濃かったので、なかなかまとめられなかったこのセミナー。
(しかも、昨日はほぼ書き終えてたのに、全部消えちゃうし…orz)

主催の神田昌典さんを含め、6人の講師の方々が登壇されましたが、1つのエントリーにまとめると非常に長くなってしまうので、1エントリー1講師でまとめさせていただきます。

まずは、私がこのセミナーに参加した経緯から。
(そんなの飛ばして田口先生の講演内容が知りたい方は「続きを読む」からどうぞ(笑))

セミナータイトルは、
ジャンプ・スタート・サクセス・セミナー2010
(「Only For Executive年間計画実現カップ2010」第二部)」

私がこのセミナーの開催を知ったのは、神田さんのメルマガでした。
講師陣を見て、即決!(笑)
価格にビビったものの、こんな豪華なセミナーは二度と無いかもしれないと思い、清水の舞台から飛び降りる思いで申し込みボタンをクリック。

経営者・マネジメント層向けのセミナーということは、セミナー当日に知りました(笑)


セミナーは3連休の最終日、9:00-18:00まで。
開場は8:00だったので、前の方に座ろうと早めに会場に着きました。

が、遅かった…!
8:15に着いたんですが、既に前のほうの席は埋まってました。
皆さん、スゴい気合いです!

私は運良く上手(演台に向かって右手)のスクリーン正面、前から5列目をゲット。
(センターブロックは、10列目くらいまで埋まってました)

両隣の方にご挨拶&名刺交換。
(この時点で、ようやく経営者ばっかり!という状況に気づきました。。)

9:00、BGMと共にセミナースタート。
最初の20分は主催の神田昌典さんより、本セミナーの主旨説明。

そして、いよいよ田口佳史先生のご登壇です!

実は、今回のセミナーでお名前を拝見するまで、恥ずかしながら田口先生のお名前を存じ上げませんでした。
セミナーの参加を決め、田口先生のWEBサイトや神田さんの紹介文等を拝見し、とにかくタダモノではない方だということは解ったのですが、スミマセン、勉強不足です。

そのため、正直なところ、講演内容も上手くまとめられません。。

なので、今回の講演のキーワードとなった陰陽論についてと、その他私がメモを取ったところを箇条書きでまとめさせていただきます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【陰陽論について】

*経済状況は、好不況で考えるのではなく、陰陽論で見る。
 これまで、経済は約10年単位で上がったり下がったりを繰り返している。
 (1974年、1986年、1998年、2009年…)

*陰=充実・革新の時期
 陽=拡大・発展の時期

 今は陰の時代である。
 これまでの波を踏まえると、2010年後半~陽の機運が高まると予想される。
 その際に、何も準備をしていなければ、拡大・発展は望めない。

*問題解決というと、AとBのどちらを取るか?という議論になりがち。
 そうではなく、両方取ることのできる第3の道を探す。
  例)コストとサービス

*陰陽=相補する関係=Complement

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
以下、メモ部分

*2010年は、「自己の価値」を問うべき1年

*人間はインプットの生き物
  ⇒良いインプットを得れば良い人間に。
   悪いインプットを得れば悪い人間に。
  ⇒一方向ではなく、多方向から物事を柔軟に捉える

*我々はなぜ生まれてきたのか?
  ⇒生きるを楽しむため
   そのために、どう自己確立をすれば良いのか?
     ↓
   何らかの分野でプロフェッショナルになる
     ↓
   包括的視点による直感力(=人間の究極のチカラ)を鍛える
   そのことによって見えない・聞こえないことを知覚出来るようになる

*苦も楽のうち
  ⇒不承知ながらの努力か?自分が好きでやっているのか?

すべての根源を自らに求めよ
  ⇒せっかく苦労をもらったのに、他者に転嫁してしまうのはもったいない。
    自らに追求すべし。

失敗は成功の中にある。但し、有頂天になるな。
  ⇒キツイ体験を経て、知識を得る。
   そのためには、健康管理と座右の銘・座右の書を持つべし。

*苦労する=天が期待している

*21世紀は、東洋思想と西洋思想の融合の時代
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
他にも、漢詩を引用されたり、オススメの書を教えていただいたり、包括的視点を鍛えるコツを解説いただいたりと、最初から密度の濃い1時間でした!
あんまり書くとネタバレになっちゃいそうなので、このへんで。

●神田さんのサイトはコチラ(メルマガ登録もコチラから):神田昌典公式サイト
●田口先生の公式サイトはコチラ:TAO-CLUB.net





明日は、本田直之さんの講演をまとめさせていただきます!